妊娠中の食生活

おなかの赤ちゃんに大きく影響する、妊娠中の食生活。食べるべきもの・食べてはいけないものや、栄養バランスについてガイドします。

サイトトップ > 妊娠中に食べていいのは、基本ヘルシー素材

スポンサードリンク

妊娠中の食生活

妊娠中に食べていいのは、基本ヘルシー素材


母体の健康と赤ちゃんの成長、両方のために栄養が必要です。毎日食べるものが安産のための健康な身体や、赤ちゃんの身体を作ります。ヘルシーな食材を、日々の食生活にとり入れていきましょう。


栄養バランスに気をつけ、より低カロリーな食材を選ぶことが鍵となります。たとえば、☆色の濃い野菜=緑黄色野菜にはビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維など妊娠中に必要な栄養素が豊富です。ニンジン、ブロッコリー、カボチャなどをいつも冷蔵庫に。


☆大豆製品=タンパク質は赤ちゃんの脳や身体をつくる、たいせつな栄養素。豆腐や納豆など、低カロリーな植物性タンパク質を食べましょう。食物繊維やミネラルも豊富な優秀食材です。


☆きのこ類=海藻同様に低カロリーで、しかも蒸し物、サラダ、煮物、炒め物など調理法がいろいろ選べます。体重コントロールにぜひ役だてましょう。


☆脂肪分の少ないタンパク質=同じ種類でも、選び方で大きな差がでるのが肉や魚。肉なら赤身やささ身など、脂肪の少ない部位を選んでください。魚もトロより赤身のほうが低カロリー、高タンパク。イカや貝類は低脂肪でおすすめです。


☆未精製の穀類=穀物の種や皮にはミネラルや食物繊維たっぷり。玄米や全粒粉パンを積極的に!


妊娠中の食生活

MENU



スポンサードリンク